世界(僕の身の回り)のニュースを雑にお届け
こんにちは ローダン通信でございます。
資産運用

覚えておいたほうがいい!NISAとつみたてNISAの違いとは?

こんにちは、ローダンでございます。

知識ないけど投資デビューしてみたいなあなんて思っている方、

初心者向けと言われているNISAってやつで資産運用してみたいなあなんて思っている方たくさんおられるんじゃないでしょうか?

実はNISAと言ってもNISAには二種類あり、それぞれ異なった特徴を持ちます。

さらにNISAとつみたてNISAは一つしか選べません。

ご自身の投資スタイル、性格に合ったNISAを選ぶことにより、良い運用への近道となります。

ということで、今回はNISAとつみたてNISAの違いについて紹介させていただきます。

「NISA」って何?

NISAというのは小額投資非課税制度のことです。

銀行預金や貯金を投資に使ってもらうことを目的にスタートした制度で、投資で得た利益のうち年間で120万円までにかかる金額は非課税として優遇される制度です。

NISAは1年間で120万円までの投資元本を対象とし、更に最大で5年間利用できるので、非課税枠として利用できる上限は600万円となります。

また入金(拠出)はいつでもでき、定期拠出を選ぶこともできます。

5年以内に利益確定になれば、全額非課税になるので5年の猶予があるということになりますね。

さらに5年では足りない、という人はロールオーバー制度を利用することで10年に延長することができます。

これは売却していない資産を6年目に新しいNISA口座に移管することで延長可能とした制度です。

ほとんどの現物株式、ETFが投資可能なので、選択肢が広がり楽しく柔軟に投資ができます。

「つみたてNISA」って何?

一方のつみたてNISAはNISAより、長期運用に向いた制度です。

年間で40万円まで投資元本を拠出可能で、20という長期間口座を維持できます。

ですので、上限800万円まで入金することができるのです。

またつみたてNISAは随時入金はできなく、定期拠出のみとなっています。

先ほど紹介したように、20年の口座維持期間があり、その20年間が非課税投資期間と設定されています。

投資対象は積立投資を前提としているので、金融庁が定めたガイドラインに合致したものだけが対象です。

【つみたてNISA】月3万円貯金するくらいなら、ラクチン"ほったらかし資産形成"しようこんにちは、つみたてNISAで資産形成中のローダン(@bloglordan)でございます。 2018年の1月より安定的に資産形成を...

インデックスファンド、アクティブファンドの一部、ETFなどが対象です。

違いを把握して、自分にあったものを選ぼう!

NISAとつみたてNISAについて紹介してきました。

・投資可能額がNISAのほうが年間80万円多い

・非課税投資期間がつみたてNISAのほうが15年も長い(長期投資向き)

・随時拠出、定期拠出可能なNISAと定期拠出だけのつみたてNISA

NISAであれば、ロールオーバー可能

・現物株式もETFも投資可能なNISA、金融庁が定めた商品のみ投資可能なつみたてNISA

というような違いがあります。

この違いを把握し、どちらのほうが自分に合っているのかを考えて、口座開設してみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに私は長期運用に向いた、つみたてNISAを選択しました。

それではまた~

ABOUT ME
ローダン
皆さんこんにちは、ローダンでございます。関西でくすぶる自称イケメンアラサーです。この素晴らしい世界に蔓延する閉塞感に風穴を開けるためローダン通信社を立ち上げ、英語を勉強したり駄記事を書いたりコーヒーを飲んだりしている。人と猫が好き。くだらな記事ならこのブログに置いてます。