世界(僕の身の回り)のニュースを雑にお届け
こんにちは ローダン通信でございます。
英語

【ド短期留学】たった1週間でも海外留学を強くおすすめする理由

こんにちは、ローダン(@bloglordan)です。


競馬ランキング

実は先日、いい年をしながらフィリピンのセブ島に英語を学びに語学留学をしてきました。

その期間、なんとたった1週間!いわゆるド短期留学というやつです。

語学留学をするならその期間は数ヶ月からが普通であり、たった1週間の留学は

もはや留学とは呼ばないかもしれません。

しかし、時間の都合のつかない社会人にはこのド短期留学は一つの選択肢として

認知されております。

で、そのド短期留学をした感想はいかほどかというところ。

結論からいいますと、強くおすすめします。

今日はその私のド短期留学体験を記事にします。

フィリピン・セブ島の語学学校へ1週間のみ留学

2019年9月、私はたまたまできた10日ほどの時間を利用しフィリピンはセブ島へ

1週間だけ語学留学しました。スマホをいじっているときにたまたま見つけた広告を

クリックしたことがきっかけです。

決断に至った理由は、これまで留学経験がなかったこと、英語を学びたかったこと、

フィリピンなら費用がリーズナブルだったこと、他にやることもなかったことが理由でした。

正直言って、たった1週間で英語力なんて伸びるはずがないよな〜と思いながら

申し込みました。まあ、ヒマ人の勢いですね。

それでは私が入学した学校を紹介いたします。

観光名所、セブシティにある語学学校

私が留学した学校は観光地として日本人にも人気のセブ島にありました。

また大きなショッピングモール、滞在するホテルも隣接するとても立地の良い

学校でした。放課後のレジャーにももってこいの環境でした。

講師は20代のフィリピン人女性が8割を占め、食堂に売店も備えられ、学校運営スタッフには日本人もいたため、見知らぬ土地でも学生生活にはとても快適な環境でした。

英語でが苦手な方も安心して学べる学校でした。

で、その学校での語学留学の感想はどうだったのか?

ご紹介します。

海外生活を体験することで視野が広がる

まあ手垢のついたありふれた言葉ですよね。私も日本で暮らして何度この言葉を聞いたでしょうか。

しかし、留学経験を経た今、自分がこの言葉の意味をよく理解していなかったことを痛感しました。

はるか海の向こうに全く価値観を持津人々が暮らすこと、ルールの違う国が存在すること。

テレビを通して知ることと、体験することはまるで違います。

プレイしていたテレビゲームの世界に、自身が本当に入ってしまうようなものです。

そうです、これは言葉では説明できない体験なのです。

留学経験のない方、本当にこの言葉の意味を理解するには実際に現地に行くほかありませんんよ。

たった1週間でも必ずあなたに忘れられない刺激をくれるものと保証します。

国籍年齢を問わず様々な人と出会える

これもありふれた言葉ですね。しかし、これもご紹介せずにはいられません。

学校には現地の人々が沢山働いています、そして色んな国から学生がやってきます。

ある程度の年令になったら新たな出会いを得ることはとても難しいことです。

学生時代のように、一度に上下関係や義務のない大勢の人と出会う。そのような環境を大人になってから見つけることは至難の業です。特に海外の語学学校のようなダイバーシティにあふれた環境を見つけるとなるとなおさらです。

せっかく英語を学ぶなら素晴らしい出会いの場に飛び込みましょう。

その出会いの中には今後の一生に影響する素晴らしい一期一会があるはずです。

私はたった1週間でしたが、3人の日本人留学生、1人のフィリピン人講師と連絡先を交換しました。講師とはもちろん英語でやりとりをしています。図らずも勉強の相手をしてくれるネイティブスピーカーの友人ができました。

英語力は伸びないが・・

肝心の英語力ですが、やはり1週間では劇的な向上は難しいでしょう。

しかし海外へ留学することにより、英語を学ぶモチベーションが上がります。

日本で英語を学んでいても、英語力を身につけ実際に海外で外国人と英語で会話する自分を想像することは少し難しいでしょう。時にはなんの為に毎日毎日英語を学んでいるのかわからなくなることもあるでしょう。

しかし、一度現地に行けばそれは大きく変わります。自身が英語を学ぶ動機、英語を身に着けたあと、何ができるようになるかはっきりと想像できるようになります。

毎日、反復して学ぶ必要のある語学においてはモチベーションの維持というのはとても大切なテーマです。

たった1週間でも海外留学なら、日本で何十年過ごしても得られないものを得ることができる

いかがでしたでしょうか。

たった1週間ではただの旅行になってしまい、何も得られないのではないかと思っていた方も多いかと思います。私もそう思っていました。

しかし、たった1週間、約15万円でこれまでの人生で体験できなかったことをたくさん経験し、私の人生に大きな刺激をくれました。

残念ながら、こればかりは実際に体験しなければ理解できません。

もしド短期留学を迷っておられる方には、私は強くおすすめいたします。

何か質問があればどうぞツイッター、コメント欄にお寄せください。

詳しい留学体験を知りたい方がいらっしゃいましたら、また記事にさせていただきます。

皆さんの素晴らしい留学体験を応援しています。

それではまた〜

ちなみに今回の留学費用の内訳はこんな感じでした。

往復航空券(トランジットあり)     4万円

学費+ホテル個室          10万円

雑費                 2万円

ABOUT ME
ローダン
皆さんこんにちは、ローダンでございます。関西でくすぶる自称イケメンアラサーです。この素晴らしい世界に蔓延する閉塞感に風穴を開けるためローダン通信社を立ち上げ、英語を勉強したり駄記事を書いたりコーヒーを飲んだりしている。人と猫が好き。くだらな記事ならこのブログに置いてます。